ニュース

HOME  >  ニュース  >  BCYCCの友好親善使節団が来会 庭野会長と面会も

バックナンバー

2016年10月 3日

BCYCCの友好親善使節団が来会 庭野会長と面会も


フィリピンのバターンキリスト教青年会(BCYCC)から、「グッドウィルツアー」(友好親善使節団)の一行23人が3年ぶりに来日し、10月3日から11日まで本会を訪問した。宗教や文化の違いを超え、相互理解を深めるもので、本会との交流が長年継続されている。参加者の中には、本会一食(いちじき)平和基金による支援を受けた元奨学生も含まれていた。

4日、一行は大聖堂で行われた「開祖さま入寂会(にゅうじゃくえ)」に参加。式典終了後、法輪閣ロビーで庭野日鑛会長と面会し、参加者を代表してホセ・パウロ・トアゾン会長があいさつした。
5日から7日まで、神奈川支教区7教会の受け入れのもと、会員宅にホームステイ。互いの信仰について学びを深めた。この後、新潟・十日町市に移動し、「第40回生誕地まつり」の市中行進に参加。庭野日敬開祖の育った同市菅沼を訪れ、10日には、生誕地道場で歴代の青年本部長4人と面会した。