立正佼成会 ニュース

News Archive

2017年02月26日

WCRP/RfP日本委 青年部会が公開学習会 南三陸消防署員の佐藤氏基調講演で3・11当時の体験語る

東日本大震災から6年を迎えるに際し、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会青年部会による「公開学習会」が2月19日、東京・台東区の浅草寺で開催され、110人が参加した。 同学習会は、災害時の緊急対応や支援のあり…

2017年02月26日

大阪普門館で「全国教育者研究集会」 発達障害などについて学習

『心を耕す教育者をめざして』をテーマに「全国教育者研究集会」(立正佼成会習学部教育グループ主管)が2月18、19の両日、大阪普門館で開催され、西日本から保育士や教諭など教育関係者ら310人が参加した。 18日は、西村季代…

2017年02月26日

平成29年次「全国新任青年各部長教育」 光祥時代会長が講話

各教会の青年婦人部、青年男子部、青年女子部、学生部、少年部の新任部長を対象にした平成29年次「全国新任青年各部長教育」(青年ネットワークグループ主管)が、2月18、19日の両日、本部施設で行われ、95教会から154人が参…

2017年02月26日

釈尊の遺徳忍び「涅槃会」 庭野会長 決定即実践を強調

釈尊の生涯を振り返り、その入滅時に説かれた「自灯明・法灯明」の意義をかみしめて仏道精進を誓う「涅槃会(ねはんえ)」が2月15日、大聖堂はじめ全国各教会で行われた。 大聖堂の式典には約3100人の会員が参集。聖壇には釈尊入…

2017年02月26日

第34回庭野平和賞 パレスチナ人のキリスト教徒 ムニブ・A・ユナン師に 聖地エルサレムで諸宗教対話・協力を推進 中東問題の平和的解決に向け尽力

「第34回庭野平和賞」の受賞者が、キリスト教の「ルーテル世界連盟」(LWF)議長で「ヨルダン及び聖地福音ルーテル教会」(ELCJHL)監督のムニブ・A・ユナン師(66)に決定した。公益財団法人「庭野平和財団」(庭野日鑛名…

2017年02月19日

WCRP/RfP日本委 紛争解決に向け、対話の重要性学ぶ

『平和構築にむけた和解トレーニング』をテーマに、世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)日本委員会「和解の教育タスクフォース」による学習会が2月13日、普門館国際会議室で行われた。宗教者やNGOの職員ら約60人が出席した。…

2017年02月19日

金光教学院の学院生らが本会倉敷教会で他教団研修

金光教の教師養成機関「金光教学院」(岡山・浅口市)の学院生、職員合わせて25人が2月7日、本会倉敷教会を訪れ、活動に参加した。他教団での研修を通して宗教性を養い、金光教教師としての役割を再確認する同学院の「他教団研修」の…

2017年02月19日

七面山敬慎院・望月別当が本会本部を訪問 川端理事長と懇談

七面山敬慎院(山梨・南巨摩郡身延町)の望月成浩別当と下里是龍執事長が2月8日午後、本会本部を訪れ、事務庁舎特別応接室で川端健之理事長と懇談した。 懇談では新年のあいさつを交わした後、川端理事長が学林本科生の頃、七面山練成…

2017年02月19日

光祥時代会長「行動の倫理」会議(バチカン)でスピーチ 常不軽菩薩の仏性礼拝行に倣い ウィーンでのKAICIIDフォーラムに参加

KAICIIDのアドバイザリー・フォーラムでの席上、光祥次代会長は同理事としてあいさつを述べた https://www.kosei-kai.or.jp/rkknews/2017/post20612 庭野光祥時代会長は2日…

2017年02月19日

思いをつなぎ 平和への行動 第48回「青年の日」 5月21日(日) 実施概要発表 『大志〜社会変革の風をおこそう〜』テーマに

地域社会や国家、世界の平和実現のために具体的な菩薩行を実践し、その活動を通して青少年育成を図る第48回「青年の日」の実施概要がこのほど、青年ネットワークグループより発表された。テーマは、『大志〜社会変革の風をおこそう〜』…