バックナンバー

2020年

HOME  >   『佼成』会長法話  >   『佼成』会長法話2020年

2020年7月

会長法話 いま、自分にできることを

新型コロナウイルスの感染拡大によって外出自粛が求められているいまは、日ごろの言動や信仰のあり方を振り返るいい機会でもあります。ふだんにも増して、つい自己中心な思いにかられてしまいがちないま、菩薩としての自覚を深め、実践につなげていくことの大事を、法華経・従地涌出品をもとにご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年6月

会長法話 怠け心に負けない

私たちは、日々こつこつと精進を重ねたいと思いながらも、心に湧く迷いや誘惑に負けてしまいがちです。そこで、信仰の目的を見失ったり、怠け心が頭をもたげたりしたとき、それをどう受けとめて、楽しく安らかな気持ちで仏道を歩むかを、法華経・安楽行品の一節をとおしてご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年5月

会長法話 悠々として、心安らかに

善き縁になりたいと思って人に親切にしたりアドバイスを送ったりしても、批判や自己主張ばかりされると、相手を思う気持ちもなえてしまいます。そうした目の前の人の機根や理不尽なできごと、不都合な現象などに振りまわされない信仰者として心の姿勢を、法華経・勧持品の一節をとおしてご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年4月

会長法話 偏った見方を越える

人と向きあうとき、相手の仏性を見ることが大事といわれます。しかし、実際には感情や先入観に基づく見方をしがちです。法華経・提婆達多品の一節をもとに、仏性とは何か、そして色眼鏡で見る目から真実を見る目へと切り替えるヒントをご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年3月

会長法話 満足できる幸せ

欲はだれにでもありますが、何ごともほどほどのところで満足できる人とそうではない人とでは、何が違うのでしょうか。欲に振りまわされない日々の心のありようや心の姿勢を、法華経・見宝塔品の一節をとおしてご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年2月

会長法話 生きがいをみつけよう

2月15日は釈尊の「涅槃会」ですが、私たちも釈尊と同様にやがて死を迎えます。そこで、法華経・法師品の一節をとおして、私たちが命をいただいた意味あいや、死に象徴される苦悩の受けとめ方、そして生涯にわたり生きがいをもって生きる姿勢についてご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast

2020年1月

会長法話 ほんとうの自分に帰る

新年を迎えると、私たちは「布施に徹しよう」「人さまの幸せを願って」など、その年の誓願を立てますが、実践が続かない人も多いと思います。そこで、一年をとおした行法実践につながる日々の心がけを、密行第一と称された釈尊の弟子、羅睺羅の精進(法華経・授学無学人記品)をとおしてご指導いただきます。

  • 電子版
  • 多言語版
  • 朗読MP3
  • podcast